その体調不良、ワクチン接種後からではありませんか?【ワクチン後遺症】

多数のワクチン遺族・ワクチン後遺症被害者が出ています

ワクチン後遺症に対応している病院をお探しの方は、後遺症対応クリニック一覧マップをご覧ください。

2021年から始まったコロナワクチン接種ですが、まだ安全性が確認されない治験段階のまま、国民全員に急速に接種が進みました。

その結果、予期せぬ健康被害が生じたり、後遺症としての長引く症状に悩まされたり、あるいは接種当日〜数日・数週間後に体調が急変し、死亡するなどの甚大な副作用被害が多数報告されています。

新型コロナワクチン接種後死亡遺族の12人が遺族会結成 集団訴訟へ
当事者の方が語るワクチン後遺症との戦い
半ば強制接種の看護師がホンネを告白「打たざるを得なかった」

最近亡くなられた、ある芸能人の死に関して、天皇陛下の執刀医で知られる順天堂大医学部特任教授の天野篤医師は、
「元気な状態だったのならば、急性心筋梗塞で亡くなることはあっても、急性心不全はほとんどあり得ない」
コロナのワクチンの影響で、免疫機能に狂いが生じている人がいる
とのコメントを発表しました。

コロナワクチンの副作用被害者をめぐる現状

2021年から始まったコロナワクチンプログラムですが、接種後の有害事象に関する情報が十分でないまま、国民に急速に接種が進められました。

その結果、ワクチンとの因果関係は明らかでないものの、接種後に体調不良を訴える人が多数出ているのが実態です。中には、接種数日から数週間以内に重篤な健康被害に見舞われ、後遺症や死亡に至ったケースも報告されています。

こうした可能性のある副作用症例・死亡例の大量発生を受け、医療関係者や支援団体による自主的な対応が始まりました。

などの組織が相次いで設立され、被害者の実態把握や支援活動を行っています。

ワクチン接種後の健康被害に対して支援・救済制度はありますか?

ワクチンによる健康被害に対して、『予防接種健康被害救済制度』という制度があります。

この救済制度は、予防接種と健康被害との因果関係が認定された方を対象に一定額の支援金を給付する制度です。

以下は、「新型コロナワクチン後遺症患者の会」作成の、健康被害救済制度申請の解説動画です。

健康被害救済制度に申請するメリットは!?
健康被害救済制度に申請する3ステップとは?
健康被害救済制度 書類集めの8つのコツ!

以下は、全国有志医師の会の同救済制度に関するページです。

ご家族がワクチン後遺症によってお亡くなりになられた可能性がある方は、コロナワクチン被害者駆け込み寺にもご相談ください。

医療従事者のワクチン被害は労災保険の対象になります

ちなみにワクチン被害者が医療従事者の場合、ワクチン接種が業務遂行のために必要な行為とみなされるので、労災保険給付の対象となります。

問10 労働者が新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を受けたことで健康被害が生じた場合、労災保険給付の対象となりますか。

ワクチン接種については、通常、労働者の自由意思に基づくものであることから、業務として行われるものとは認められず、これを受けることによって健康被害が生じたとしても、労災保険給付の対象とはなりません。
一方、医療従事者等に係るワクチン接種については、業務の特性として、新型コロナウイルスへのばく露の機会が極めて多く、医療従事者等の感染、発症及び重症化リスクの軽減は、医療提供体制の確保のために必要です。
したがって、医療従事者等に係るワクチン接種は、労働者の自由意思に基づくものではあるものの、医療機関等の事業主の事業目的の達成に資するものであり、労災保険における取扱いとしては、労働者の業務遂行のために必要な行為として、業務行為に該当するものと認められることから、労災保険給付の対象となります。
なお、高齢者施設等の従事者に係るワクチン接種についても、同様の取扱いとなります。

ワクチン後遺症に対し独自の支援を行っている自治体もあります

また、まだ数は少ないものの、

  • 新型コロナワクチン健康被害救済制度に申請した方を対象に見舞金を支給(国の審査でワクチンとの因果関係が認められたかどうかに関係なく)したり
  • ワクチン後遺症の方のための健康回復プログラムの実施
  • オンライン相談や休業助成金の支給

など市町村独自の施策を行っている自治体もあります。

代表的な自治体に大阪府泉大津市があります。

コロナワクチン健康被害の申請はすでに1万件超。過去45年間全てのワクチンの被害認定合計件数を超えています

世界中で新型コロナワクチンの健康被害が拡大する中、日本のほぼすべての主流メディアがこの事を黙殺、だんまりを決め込み、ほとんど報道されていません。

一部の良識あるメディアのみが真実を報道しているという異常事態が続いています。

膨大な数のコロナワクチン接種後副作用・後遺症が報告されています

コロナワクチン接種後の副作用や後遺症の症状は、非常に多岐に渡り、ほぼすべての臓器・器官に発症の可能性があります。

またワクチン接種後、すぐに発症するとは限らず、数年も経過してから発症する場合がありますので、何かおかしいと感じたらワクチンの可能性も疑ってください。




コロナワクチンの危険性についてもっと知りたい方は、もっと詳しくワクチン問題について考える【ワクチン後遺症2】をご覧ください。



メールでお問い合わせ

更新日:

Copyright© 生活支援ネット , 2024 All Rights Reserved.