大家さん募集中!空室をお持ちの大家さんへ

空き家・空き物件所有の大家さんを募集しています。

今、様々な事情から住まいにお困りの方がたくさんいらっしゃいます。

東京都のアンケート調査によると、都内のネットカフェ生活者(いわゆるネットカフェ難民とされる人たち)の数はおよそ4000人と推定されています。

上記調査の報告書において、「住居喪失者」または「住居喪失不安定就労者」という名称で分類されている方たちの中には、

  • 住む家がなく、住所がないため、身分証が以前の住所の住民票しかなく、新たな住民票を取得することができない。(またはレンタルスペースやネットカフェ等を生活の拠点にしており、住民票を取得したり移すことができない。)
  • 住民票(正式な身分証)がないために、働く意思があっても就業自体が難しい
  • そのため経済的にますます困窮し、住まいを得ることができないという悪循環に陥ってしまっている

という問題を抱えている方が少なくありません。

また、部屋を借りるだけのお金があったとしても、住民票を提出できない(以前の住民票が職権消除されている)ケースもありますし、また、保証人を立てることができないために住まいを得ることができない方も多いのです。

住所がないため、携帯電話の契約や銀行口座の開設ができない等の問題が生じることもあり、一度住まいを失った方たちの就労や、困窮状態からの脱却を一層難しいものにしてしまっています。

「生活支援ネットワーク」では、そんな方たちが安定した生活や仕事を得て自立した生活を送ることができるよう、まずは住居を提供することによって、しっかりとした生活基盤の確立をお手伝いしています。

しかし現状、まだまだお部屋が足りません。

私たちの活動をご理解いただき、お部屋・空き物件を提供していただける大家さんを募集しています。

大家さんにとってのメリット

大家さんとNPO生活支援ネットワークが直接賃貸契約を結びます。

家賃は当NPOが大家さんに直接お支払いしますので、家賃滞納の心配はありません。

  • 問題が発生した場合も対処しますので安心です。万が一の場合もきちんと対処いたします。(残された家財道具も責任を持って処理します。)
  • ご入居後は当NPOが定期的な訪問や電話を通じて、ご入居者の生活を支援・サポートしています。
  • 大家さんと当NPOが賃貸契約を結び、入居者の家賃支払い・日常生活の問題に速やかに対処します。

「入居者がなかなか決まらない」「入居者管理が大変」「家賃管理が大変」などでお困りの空き室・空きアパート・空き家物件所有の大家様、ぜひ一度生活支援ネットワークにご相談ください。


生活の基本は住まいから。すべての人が生きられる社会を目指して

お問い合わせは以下のお問い合わせフォーム、またはFAXにて受け付けています。どうぞお気軽にお問い合わせください。

【募集対象エリア】
現在、埼玉県さいたま市岩槻区・春日部市の近辺を中心に募集しています。



必須 物件名

必須 所在地

必須 間取り

必須 構造

必須 オーナー様お名前

必須 メールアドレス

必須 ご住所

必須 電話番号

任意 メッセージ

任意 画像・間取図等、付属資料があれば添付してください。

FAXでも受け付けています。
生活支援ネットワーク(FAX) 050-3730-8804

メールでお問い合わせ

更新日:

Copyright© 生活支援ネットワーク , 2020 All Rights Reserved.