お金がない

お金がない問題で悩んでいませんか?

生活支援ネットワークではお金がない問題を抱えていて、生活できない方のために支援活動を行っています。

例えば以下のようなお金に関する悩みを抱えていませんか?

 

うつ病で働けない。お金がないので、病院に行けない。

うつ病で休職した、または退職して無職になった。そのため収入がなくなってしまって、お金がない。

なんとか働かなければいけない、と思うが何もできない。気持ちが落ち込んで、疲れてしまって働けない…。

お金がないために病院にも行けない。なんとかしなければいけないとは思うが…。

 

無職でお金がない。仕事も見つからないし、一体どうすれば…。

仕事が長続きせず、今の職場も先日で解雇になってしまった。

所持金ももうあまり残っていない。

このまま無職で仕事が見つからず収入がないと、あとはもう死ぬしかない…。

一体どうすればいいのか…。

 

 

 

お金がなくて生活が苦しい。生活保護の申請はできる?

色々なことが重なって、今、非常に生活が苦しい状態にある。

お金がなくて、このままでは生活自体が成り立たない…。

こういう場合に生活保護の申請をすることはできるのだろうか?

まずはどこかに相談できるだろうか?

 

部屋を借りたいけれどお金がない。どうすればいい?

今いる所を早急に出たい、または出なければならない。

部屋を借りたいけれど、お金がないので借りられない。

でも、もうこれ以上、今の場所に居続けることもできない。

一刻も早く入居可能な部屋を見つけて引っ越ししたいけれど、自分みたいにお金が無い人が部屋を借りるにはどうすればいいんだろう…?

 

お金がなくて困っている方のための相談窓口を設けています

一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。

 

生活支援ネットワークでは上記のケースのようにお金がない問題や、住まいの問題を抱えている方のために無料の相談窓口を設けています。

経済的に困窮した場合などに利用できる福祉制度の案内や、住居の提供などの支援、また現実的な解決方法のアドバイスなどを行っています。

さらに、家賃滞納した時や自己破産した場合など、お金がなくて生活できない方のご相談に対応しています。

 

また、借金が返せない、多重債務を抱えているなどでお悩みの方は、弁護士等の法律専門家の力を借りて債務整理の手続きを進めることができます。

一度弁護士が債務整理を受任すれば、督促の連絡があなたの所に来ることはありません。

現時点ですでに所持金も預貯金もないという方には、生活保護の申請をすることをお勧めします。

生活保護申請中の当面の食費など、生活に必要な経費についても無利子での貸付などサポートをおこなっていますので、ご相談ください。

長い人生の中において、誰しも経済的困窮に陥ったり、生活が成り立たない問題に直面したりする可能性があります。

そういった状況に陥って困ったときには、利用可能な制度や支援を得るなどして、まずは生活を立て直し、その上で今後の人生をしっかりと歩んで行けるようにする必要があります。

生活支援ネットワークではそのためのサポート・支援活動を行っています。

どうか一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。

 

メールでお問い合わせ

更新日:

Copyright© 生活支援ネットワーク , 2019 All Rights Reserved.