施設に入りたくない【無料低額宿泊所】

住む家がないんですが、生活保護申請を自分でしに行ったら「施設に入ってもらう」と言われました。

生活保護の申請の際に家がない場合、「施設に入ってもらう」「そういう決まりになっている」「お金の管理ができるかどうか見させてもらう」などと言われることがあります。

ここで言う「施設」とは、いわゆる「無料低額宿泊所」(略して「無低」)と言われるもので、多くの場合、多人数での劣悪な集団生活環境を提供する代わりに保護費の多くを徴収する、俗に言う「貧困ビジネス」の業者が運営する宿泊施設です。

はい…。それで、その施設(無料低額宿泊所)に行ったんですが、
・集団生活が辛い…
・館内すべてがとてもタバコ臭い…
・不要な(あまり美味しくない)食事などいろんな名目で保護費を徴収される…
・色々面倒な規則がある…
等、散々な場所でした…。

個室で、生活を管理されないプライバシーが欲しいです。

はい。実際には無料でも低額でもないのです。

ここでは詳しい説明は省きますが、本来はそのような施設への入所は断ることができるし、一時的な宿泊場所(ビジネスホテルやネットカフェ、旅館などの個室)の費用も出るはずなのですが、実際の運用ではそうなっていないことが多いのが現状です。

施設には絶対に入りたくないので、まずは自分の部屋を借りてから生活保護を申請したいのですが…。

どうしたらいいでしょうか?

1人で生活保護の申請に行ってみて、もし適切な対応をしてくれなかった場合は、路上からもできる私の生活保護申請ガイド (PDF)の44ページ目「アパートに入る・居宅保護の原理」を参考にしてご自身で頑張ることもできますが…、

私たち生活支援ネットでは、住居がなくてお困りの方のために、すぐに入居可能なお部屋をご用意しています。

生活保護申請にも付き添いで同行しますから、申請が通るかどうかを心配する必要もありませんよ。

ただし空いている部屋数には限りがあり、他に入居希望者がいた場合、先着順で決まってしまいますのでご相談はお早めにしてくださいね。

そうなんですね!すぐに入れる部屋があるなんて、とても助かります。

頼りになりますね!



メールでお問い合わせ

更新日:

Copyright© 生活支援ネット , 2024 All Rights Reserved.