家賃を滞納してしまった【強制執行・強制退去】

家賃を滞納し続けて、とうとう強制退去になりました。

強制執行です。

ここ最近、強制執行の相談が増えています。

裁判所の強制執行は、二段階に分かれていて、最初が「催告」の段階で、居住者にいついつの期限までに立ち退くよう迫るものです。

その期限時に行われるのが「断行」で、荷物ごと強制的に退去させられてしまいます。

困りました…。

次に住むところもまだ見つかってないし、そもそも賃貸契約するためのお金がないんですよ…。

今すぐ出ていけ、と言われても…。

どうか気を取り直してください。

通常、催告から断行までは3週間前後の期間が置かれます。

また催告が行われると、部屋の中に「公示書」という裁判所の書面が貼られます。

そこに退去期限(=断行の期日)が明示されます。

最近あった相談は、「いつの間にか公示書が貼られていた…」というもので、こうなると断行の期日までに慌てて引っ越す以外無くなります。

なんとかこちらで住居を手配することができましたが…。

「公示書」ですか…。

そういうのは部屋の中にまだ貼られてないと思います。

強制執行は、裁判所からいきなり命令が来るわけではありません。

その前に、建物明け渡し訴訟、もしくは競売手続きによる物件の売却、どちらかの手続きがなされている事が通常です。

競売でなければ、明渡訴訟の確定判決を元に、大家側は強制執行の申し立てをすることになります。

明渡訴訟は、裁判提起の書面を送ってから一カ月前後で日程が決まります。

裁判手続きで判決が出るまで、早くとも1カ月前後、それが確定するまでに判決日から更に2週間かかります。

これらの各段階で、債務者(入居者)には、特別送達で書類が届けられているはずです。

はぁ、なるほど…。

通常の明渡訴訟であれば、その前に大家側は内容証明郵便を書留で送付している筈です。

競売手続きでも特別送達(書留)で書面類は届けられます。

ですから、郵便物をキチンと確認しているならば、事前に強制執行が迫っていることを認識し、対応を準備出来るはずなのです。

以下に家賃滞納から強制執行までのプロセスを図解しておきますね。

家賃滞納から強制執行までのプロセス

家賃滞納から強制執行までのプロセス

3ケ月以上の家賃滞納
↓
内容証明
↓(一週間程度)
明渡訴訟提起
↓(一カ月以上)
明渡裁判
↓(一カ月以上)
判決日
↓(2週間)
判決確定、強制執行の申立て
↓(一週間程度)
強制執行の催告(部屋に公示書貼り付け)
↓(3週間前後)
強制執行の断行

強制執行断行までには3カ月以上の猶予期間がある

ははぁ、なるほど…。各段階である程度、時間がかかるということなんですね。

はい。最初の内容証明に気づくなら、強制執行断行までには、3カ月以上の猶予期間があるわけです。

しかし、私たちの入居者の方にもいますが、郵便物を玄関先・下駄箱などに山のように放置していると、気づくのが遅れて、対応が遅れて、慌てることになりかねません。

ご相談はお早めに。

わかりました。どうもありがとうございます。

もっと詳しくお知りになりたい方は強制執行・強制退去2をご覧ください。



メールでお問い合わせ

更新日:

Copyright© 生活支援ネット , 2024 All Rights Reserved.