家族に連絡が行く?【扶養照会について】

生活保護申請の際に、家族に連絡が行くって聞いたんですが本当ですか?

はい、生活保護申請の際には「扶養照会」と言われる、親族へ扶養ができないかの連絡が行く仕組みがあります。

この「扶養照会」があるがために、生活保護の申請をためらっている方も多いのではないかと思います。

生活保護は受けたいけど、家族には絶対に連絡されたくないんです…!

実は2021年、この扶養照会の運用が見直され、扶養照会を行うかどうかは本人の意向を尊重し、照会を行うのは「扶養が期待できる場合」のみに限られることになりました。

そうなんですか!

この運用変更の少し前にも、扶養照会の運用に関しては改善がなされていて、
・「親族と10年程度連絡をとっていない」(これまでは20年)
・「親族に借金を重ねていたり、相続で対立したりするなど著しく関係がよくない」
・「親族がDVや虐待の加害者」
・「親族が未成年者・概ね70歳以上など明らかに仕送りが期待できない場合」
・「親族が専業主婦・主夫の場合」
・「親族が生活保護を利用していたり、長期入院、施設入所をしている場合」
などのケースでは止めてもらうことが可能になっていました。

この運用変更により、上記のケースに該当しているかどうかに関わらず、親族による扶養が期待できない場合は扶養照会を止めてもらうことが ※本来は できるはずです。

ですので、ご自身のケースが「親族による扶養は期待できない」に該当すると思われる方は、その旨をしっかり伝えて扶養照会をやめてもらうように伝えてください。

しっかり言わなければいけないんですね。

念の為、口頭での要求に加えて、『扶養照会に関する申出書』『扶養照会に関する申出書添付シート』をプリントアウトして記入し、申請時に一緒に提出することをお勧めします。

申出書記入例申出書添付シート記入例

提供:つくろい東京ファンド様

ちなみに上記の虐待のケースについてですが、虐待を受けていた方が自分自身が虐待被害者であると自覚していないケースも往々にしてあります。

ご自身が例えば心理的虐待がある家庭環境で育ったケースに該当しないかもチェックしてみてください。

例えば、
・日常的に暴言を受けていた
・他の家族(母親や兄弟)への暴力を目の当たりにするような家庭環境だった
などですね。

わかりました。ありがとうございます。

ところで「※本来は」という言葉が出ましたが、そうでない場合もあるということですか…?

はい。厚生労働省は生活保護担当課に対して、相談者が申請をためらうことのないような対応・弾力的な運用をするように通知を出しているのですが、

しかし現実には、そうした厚労省の通知にも関わらず、扶養照会を従来通りの基準で運用している自治体が結構多いのです。

えっ、そうなんですか…。

もし生活保護の相談窓口で、古い運用のまま扶養照会が必要と言い張るなどの対応があった場合、私たちのような支援団体が同行したり、正しい運用を行っている別の自治体での申請が必要になってくるかもしれません。

もしお困りのことがありましたら、まずは相談してください。

わかりました。どうもありがとうございます。


市役所の外観



メールでお問い合わせ

更新日:

Copyright© 生活支援ネット , 2024 All Rights Reserved.