無利子貸付できませんか?【借金がある場合】

借金の返済のために借金を繰り返し、返済が難しい状態です。

家族には絶対に言えません…。どうしたらいいでしょうか?

借金の問題を解決する方法として「債務整理」があります。

債務整理とは、借金がかさんで返済ができなくなった人を救済するための手続きで、
・任意整理
・特定調停
・個人再生
・自己破産
の4種類があり、借金を減額したりゼロにしたりできます。

それぞれの方法にメリットとデメリットがあります。

実は既に借金の任意整理中で車のローンもあります。最近、訴状が届きました。

借金や料金滞納があって訴状が届いたとしても、弁護士と相談して粛々と対処すればよいだけです。

すでに任意整理中の場合でも、別の債務整理方法に切り替えることもできます。

生活保護を受ける場合は合わせて自己破産することによって借金の問題を解決し、かつ生活を確保することもできますよ。

自己破産はデメリットが多いので、できればしたくないのですが…。それに調べたら自己破産するにも多額の費用がかかるらしいです。

本当は生活保護を受けたいのですが、借金があると受けられないし…。

もう本当にどうしようもありません。借金取り立ての催促の電話が怖いです…。

借金問題の対応については、弁護士もしくは司法書士の先生に担当頂く事になると思いますが、もしその費用もないということであれば、一度法テラス(日本司法支援センター)に相談されてみてはいかがでしょうか?

法テラスに相談されれば、お金が無い方向けに弁護費用免除の制度もありますし、生活保護を受給された場合は、法テラスで弁護士に債務整理・破産を依頼することは無料になります。

えっ、そうなんですか?!

そんな相談窓口があるのですね。

基本的に債務整理もしくは破産手続きを弁護士か司法書士に依頼すると、債権者に受任通知が届きます。

受任通知が届いた以降は、債務者に取り立てや督促の電話は止まります。

法的処理を開始すれば、債権者は直接債務者にではなく弁護士に連絡を取ることになりますので、精神的にも負担が激減します。死ぬことなど考える必要もなくなります。

ですので、取り立ての電話が怖いという事であれば、早めに債務整理を依頼されるのが良いと思います。

法テラスでは弁護士が無料で相談を受け付け、あなたにとって最適な債務整理方法を教えてくれますよ。

コロナウイルス感染症対策のため、現在は電話・オンラインによる無料法律相談も実施されています。

低所得であれば弁護士費用も立て替えや免除が可能となります。生活保護を受ける場合は無料になります。

全国に事務所がありますので、お近くの法テラスに連絡を取ってみてください。

わかりました。どうもありがとうございます。



メールでお問い合わせ

更新日:

Copyright© 生活支援ネット , 2024 All Rights Reserved.